ポートフォリオとしての金

ほかの資産の価値の目減りをカバーする「資産の保険」

82.3%。これは日本の家庭の金融資産に占める現金・預貯金と保険・年金・定期保証を合わせた割合です。多くの家庭の資産はお金ですが、お金の価値が下がると資産が目減りしてしまいます。そこで大切なのが、資産を分散してもつことです。株式、債券などは発行体の国や企業が破綻した場合、価値を失う可能性があります。

*出展元:日本銀行調査統計局2020年第3四半期の資金循環(速報)

6000年の間、一度も価値を失ったことがない実物資産、金。
資産を分散し金をもつことで、他の目減りする時にもその損失を補う「資産の保険」として機能します。
一般的には全資産の10%程度を金で所有するのが理想的なバランスと考えられています。

  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    9:00~17:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)

ご注意ください!田中貴金属の社名を利用した投資などの勧誘にご注意ください。