マーケット市況情報

2012年06月12日 10時00分

週報(6/4〜6/8)2012年06月12日 10時00分


1450ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、欧米の追加金融緩和への期待やリスク許容度の回復から週半ばにかけて堅調に推移し、1470ドル近辺まで上昇しました。しかしその後は米連邦準備制度理事会(FRB)議長発言への失望から1420ドル近辺まで下落して越週しました。

1620ドル台前半でスタートした先週の金相場は、週半ばにかけて欧米の追加金融緩和観測が強まる中、1620ドル近辺にて強含みで推移しました。しかし、週後半には米連邦準備制度理事会(FRB)議長が早期の追加金融緩和に否定的な発言をしたことから大きく売られ、一時1570ドル割れまで急落しましたが、週末にはスペイン銀行救済への期待感や押し目買いから1590ドル近辺まで戻して越週しました。

78.15円近辺でスタートした先週の円相場は、政府・日銀が円売り介入を実施するのではないかとの見方から週後半にかけて円が売られる展開となり、一時79.70円近辺まで円安が進みました。しかし週末には株安などから円は買い戻され、79.50円近辺で越週しました。


  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)