マーケット市況情報

2012年05月15日 10時00分

週報(5/7〜5/11)2012年05月15日 10時00分


1520ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、前週末のギリシャやフランスの選挙結果による欧州債務問題の悪化を嫌気した投機筋の手仕舞売りから週を通して下落基調となり、1470ドル近辺まで下落して越週しました。

1640ドル近辺でスタートした先週の金相場は、前週末のギリシャ総選挙で財政緊縮に反対する急進左派が躍進したことやフランス大統領選で財政緊縮政策に反対するオランド氏が当選した事から欧州債務問題悪化懸念による手仕舞売りや対ユーロでドルが上昇したことによる売りから週前半に1600ドルを割り込みました。その後もギリシャの組閣難航やスペインの国債利回り上昇を嫌気した手仕舞売りが断続的に出て、1580ドル近辺で越週しました。

79.90円近辺でスタートした先週の円相場はフランスやギリシャの選挙結果による欧州債務問題の悪化を嫌気したリスク回避の円買いから週央には一時79.50円近辺まで円高が進みました。しかしその後は米雇用情勢への楽観的な見方からドルが買い戻され、79.90円近辺で越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)