マーケット市況情報

2012年04月24日 10時00分

週報(4/16〜4/20)2012年04月24日 10時00分


1575ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、週初にスペインなど欧州債務問題の再燃を嫌気した投機筋の手仕舞い売りから1565ドル近辺まで下落するも、値頃感から投資需要がやや回復し、週央には1595ドル近辺まで上昇しました。その後は週末にかけて1580ドル台での値動きに終始し、1585ドル近辺で越週しました。

先週の金相場は、1635ドルから1655ドルと週を通して20ドルの狭い範囲内での取引となりました。1650ドル台近辺でスタートした後、スペイン国債の利回り上昇に端を発する欧州債務問題の再燃を嫌気したユーロ高ドル安を背景に一時1635ドル近辺まで下落しました。その後は米経済指標の悪化を背景とした追加金融緩和への期待から一時的に1650ドルを突破するも長続きせず再度1640ドルを割り込みました。週末にはドル安を背景に買われ1640ドルを突破して越週しました。

80.9円台でスタートした先週の円相場は、週前半に欧州信用問題再燃を嫌気したリスク回避の円買いから80.4円近辺まで円高が進みました。しかしその後は月末開催の日銀金融政策決定会合での金融緩和観測から円は売られ、81.50円近辺で越週しました。

  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)