マーケット市況情報

2012年03月27日 10時00分

週報(3/19〜3/23)2012年03月27日 10時00分


1670ドル台でスタートした先週のプラチナ相場は中国経済の減速懸念が嫌気され、週後半にかけて下落基調となり一時1600ドル近辺まで下落しました。しかし、その後週末にかけて押し目買いや欧米株高、原油高を好感した買いから反発し、1630ドル近辺で越週しました。

1660ドル近辺でスタートした先週の金相場は週前半に中国経済の減速懸念や世界最大の金輸入国であるインドで政府が輸入関税を2倍に引き上げを提示した事が嫌気され1650ドルを割り込み、週後半には一時1630ドル近辺まで売られました。しかし週末には押し目買いや米住宅指標の悪化を嫌気したドル安から買われ、1660ドルまで回復して越週しました。

83.30円近辺でスタートした先週の円相場は、週央にかけて円安基調が続き一時84円を突破しました。しかしその後、22日発表の本邦2月の貿易統計が市場の赤字予想に反して黒字だったことをきっかけに円高基調に反転し、その後も中国や欧州の経済指標悪化による景気減速懸念、週末には米住宅関連の指標が市場予想を下回ったことを材料に円は買われ、82.70円近辺で越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)