マーケット市況情報

2012年02月14日 10時00分

週報(2/6〜2/10)2012年02月14日 10時00分


1625ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は南アフリカのインパラプラチナムで労働争議が続いている事に加え、週半ばにかけてユーロ高ドル安を背景に堅調に推移し、1670ドル近辺まで上昇しました。しかしその後週末には利益確定売りから1660ドル近辺まで下落して越週しました。

1730ドル近辺でスタートした先週の金相場は当初、ギリシャに対する第二次支援協議の難航から欧州債務問題の先行き不透明感を嫌気したユーロ安ドル高や前週の米雇用統計の結果を受けた金融緩和期待の後退から1710ドル台まで下落しました。その後週後半にかけて、ギリシャの債務削減交渉の好転が報じられユーロ高から一時1750ドルまで上昇するも、週末には開催されたユーロ圏財務相会合でギリシャ向け追加支援実施についての結論を翌週に持ち越した事から下落に転じ、1730ドル近辺まで下落して越週しました。

76.60円近辺でスタートした先週の円相場は、当初前週発表の米1月雇用統計が予想を上回り米金融緩和期待が後退したこと等から、やや円安ドル高基調で推移した後、9日には本邦2011年の経常黒字が15年ぶりの低水準となったことを材料に投機筋の円売りドル買いの流れが強まり、その後もギリシャの債務削減交渉好転でさらに円は売られ、77.60円台で越週しました。

  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)