マーケット市況情報

2011年05月31日 11時48分

週報(5/23〜5/27)2011年05月31日 11時48分


1770ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、対ユーロでドルが上昇した事や原油相場の上昇などから投機筋の買いが強まり、週半ばに1790ドル近辺まで上昇しました。その後、一時は原油相場や米株式相場が下落したことで、投機筋の利食い売りでて1760ドル近辺まで下落する場面も見られましたが、週末に米先物市場で証拠金の引き下げが実施されると投機家の買いが強まり1800ドルに達して越週しました。

1517ドル近辺でスタートした金相場は、欧州圏のソブリンリスクへの高まりから週を通して底堅い相場展開となりました。週の半ばには原油相場の反落などから一時1515ドル近辺に反落する展開もみられたものの、原油相場の上昇や米株式相場が堅調に推移した事などが後押しし、また米経済指標が市場予想より悪化したことなどからドル安が進んだことから1536.5ドル近辺で越週しました。

81円台後半でスタートした円相場は、原油相場の上昇をきっかけにリスクオンの姿勢が強まり、週初に82円台前半へ下落する場面も見られましたが、総じては欧州財政懸念に対するリスク回避の動きからドルが下落し、81円台前半へ下落。週末もこの流れは止まらず、80.81円にて越週しました。

  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)