マーケット市況情報

2011年03月29日 09時50分

週報(3/21〜3/25)2011年03月29日 09時50分


1730ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、震災や本邦原発問題などから下落した株式市場が落ち着きを取り戻し、戻りを試す展開となったことから、連れて上昇する値動きとなりました。3月初旬から見ると値ごろ感などから実需の動きが散見され、加えて原油相場が高値を付け、金相場が史上最高値を更新した中旬には投機筋の買いを巻き込んで一時1770ドル近辺まで上昇。その後は週末にかけてやや値を崩し1750ドル近辺で越週しました。

1428ドル近辺でスタートした金相場は、多国籍軍によるリビア空爆を受けて、下値の堅い展開となりました。中旬に原油相場が一時105ドル近辺へ急騰したことから1440ドル台へ上昇。その後、ポルトガル議会が追加緊縮財政策を否決すると欧州財政懸念が再燃し、金相場は資金逃避の動きから一時史上最高値を更新し1448ドルまで上昇しました。しかしこのレベルでは利益確定売りの動きが強く急落。週末にかけて徐々に値を崩し1428ドル近辺での越週となりました。

80円台後半でスタートした円相場は、協調介入への警戒感から動意の抑えられる展開が続き、81円を挟んでもみ合う展開となりました。EU圏での債務問題が再燃した24日も反応に乏しい展開となりましたが、週末には米高官が出口戦略や利上げについて言及する発言をしたことから、ドル買いが強まり円相場は81.35円近辺に下落して越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)