マーケット市況情報

2010年12月07日 10時06分

週報(11/29〜12/3)2010年12月07日 10時06分

1635ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は金相場が堅調をはやした投機筋の買いに上昇基調となると、その後も米国自動車販売など各種経済指標が良好であったことから1710ドル近辺まで上値を伸ばす展開となった。週末には米雇用統計が発表され、市場予想を下回ることとなったが、これが更なる米追加金融緩和への期待を生み1730ドル近辺での越週となった。

1355ドル近辺でスタートした金相場はEU当局によるアイルランド支援などが打ち出されたものの欧州ソブリンリスクへの懸念は根強く、安全資産として買われる展開が続いたことから堅調な相場展開となり1385ドル近辺まで上昇した。その後は週末に控える雇用統計を前に小動きとなった。発表された米雇用統計は市場予想を下回ったが、これが米国の更なる金融緩和の思惑を喚起することとなり、資金の過剰流動性期待から金相場は急騰し1406ドル近辺で越週した。

84円近辺でスタートした円相場は、アイルランドへ支援がが決定したことで対主要通貨でユーロが買い戻され対円でもユーロ高が進んだことから一時84円台中盤まで円安が進んだ。その後は週末の雇用統計を控えて小動きとなった。発表された米雇用統計は市場予想を大きく下回り、失業率は予想を大きく上回る結果となると、急速なドル売りが進み円相場は一時82.50円近辺へ急騰。その後越週した。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)