マーケット市況情報

2010年11月24日 09時11分

週報(11/15〜11/19)2010年11月24日 09時11分

680ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、EU圏の債務問題に加えて中国の金融引き締めに関する思惑などもあり、軟調で始まると、その後発表されたJM社需給レポートでは供給過剰が示されたことで一時は1635ドル近辺へ下落しました。しかし、週後半にかけてはパラジウム相場の急騰を見て投機筋がプラチナにも買いを入れたことから反発し、1671ドル近辺まで値を戻しての越週となりました。

前週後半の中国不動産投資規制などによる急落の後、1370ドル近辺でスタートした金相場は週初、中国の預金準備率引き上げ懸念、アイルランド等の欧州金融危機などから投機筋の手仕舞い売りが入り、1335ドル近辺まで下落しました。その後はEU当局によるアイルランド支援に前向きなコメントが出たことや米経済指標が市場予想を下回ったことなどから投機筋の売りが一巡しました。週末にかけて大幅反発し1350ドル台を回復し、1352ドル近辺で越週しました。

82円台中盤でスタートした円相場は、アイルランド問題によりユーロが対ドルで下落する中で、ドルは対円でも上昇。初旬に83円台にのせる展開となると、その後もドルの買い戻しが進む展開が続き、円相場は83円台の中盤へ下落しました。その後週末にかけては小動きとなり、83.55円近辺で越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)