マーケット市況情報

2010年09月21日 18時19分

週報(9/13〜9/17)2010年09月21日 18時19分

1545ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、出遅れ感が強かったこともあり週を通して投機筋の買いが旺盛となると、週前半に5月来のレンジ上限となる1600ドルを抜けて上昇しました。米国の追加金融緩和策への期待感から週を通して株式市場が底堅く推移したことも追い風となり、1620ドル近辺での越週となりました。

1245ドル近辺でスタートした金相場は、米国景気減速懸念と対応策としての追加金融緩和策への期待感などから、投機筋の買いが入り、直近の上値となっていた1260ドル近辺を抜けると売り持ち筋の損失確定の買いを巻き込んで急騰しました。先の史上最高値であった1264ドルを抜けて、一時1282.75ドルまで急騰しましたが、その後週末にかけてはやや利食い売りが優勢となるも、総じて高値圏での値動きは続き1276ドル近辺で越週しました。

84円台中盤でスタートした円相場は、米金利の下落を受けたドル安が進む中で円高基調が継続し、その後FRBが追加金融緩和を行うとの思惑が強まると、ドル安が一段と進み円相場は一時82.87円近辺まで上昇しました。しかし、15日の10時半頃に円相場は急落しました。その後本邦、野田財務相より為替介入の実施が発表され、円相場は急速に円安方向へ進む展開となりました。結局週末には86円台こそ示現しませんでしたが、85.70円近辺での越週となりました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)