マーケット市況情報

2010年05月12日 08時38分

週報(5/3〜5/7)2010年05月12日 08時38分

1735ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、ギリシャ問題への懸念から投機筋がロングポジションを調整する動きを強めたことから1700ドル近辺に下落。その後、米株式相場が誤発注などから急落した場面では下げ幅を拡大し、1650ドル近辺まで下落しました。その後、押し目買いなどからやや値を戻しましたが、欧州市場への不信感は根強く1660ドル近辺で越週しました。

1180ドル近辺でスタートした金相場は、ギリシャの債務危機がユーロ圏全体に波及するとの懸念の拡大や欧州株価の下落を受けて、リスク回避の動きから安全資産である金への買いが続き、週末には1,200ドルの大台を超えて1210ドル近辺で越週しました。

94円近辺でスタートした円相場は、本邦が長期休暇に入っていたこともあり週初小動きとなるも、その後米株式相場が誤発注などから急落したことでそれまでの円売りポジションを解消する動きが加速。急激に円高が進み、一時87円台後半まで上昇しました。しかし、あまりに急激な動きにポジション調整が入ると反落し、91円台中盤で越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)