マーケット市況情報

2005年06月21日 17時27分

週報(6/13〜17)2005年06月21日 17時27分

金価格は428ドル台でスタートしました。水曜日にファンド筋の買いから節目と見られていた430ドルを超えると木曜日には435ドル台まで上昇しました。週末には米国第1四半期の経常収支が発表され、赤字額が5期連続の過去最高となる1950億5200万ドルとなると対主要通貨でドルが売られ、金相場は438ドル台後半まで上昇し、越週しました。

プラチナ価格は870ドル台前半でスタートすると、堅調に推移する原油等商品市況に刺激されたファンド筋の買いから、水曜日には当面の絶対的な上値とみなされていた880ドルを突破しました。さらにその後は上げ足を速め、週末には一時900ドルの大台を突破し、結局890ドル台後半での越週となりました。

為替相場は108円台後半でスタートしましたが、13日には米国の利上げ継続観測を背景に一時109円台後半まで円安が進みました。その後、発表される米経済指標が強弱あいまみえる中、16日にかけて109円台で推移しました。しかし、17日発表の米今年第一四半期の経常赤字が5期連続で史上最高を更新したことから、週末にかけてドルが売られ108円台中盤での越週となりました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)