マーケット市況情報

2009年04月14日 11時08分

週報(4/6〜4/10)2009年04月14日 11時08分

1145ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、引き続き需要状況の改善が期待される中で中国圏から買いが見られたほか、NY市場でのETF上場の可能性が報じられたことを受けて断続的に買われる展開となり、下値を切り上げる展開となりました。9日には1200ドルの大台を抜け1218ドル近辺で越週しました。

895ドル近辺でスタートした金相場は、前週より続く世界経済の不安感後退を受けた人気離散の流れにより、先物市場主導で手仕舞い売りが出たことから週初860ドル台後半まで下落しました。このレベルではアジア圏の実需筋から押し目買いが入ったことからサポートされると、週末にかけては欧米勢のイースター連休を控えて売買が控えられたことから小動きとなり、885ドル近辺にて越週しました。

100.50円近辺でスタートした円相場は、これまでの経済不安が解消する中でドル高が進んだことから、週初101.40円近辺まで下落しましたが、週央にかけて株式市場がこれまでの上昇に対する利益確定の動きから下落するとドルも反落し、円は一時99.50円近辺まで上昇しました。しかし、週末にかけて再び株式市場が反発したことから、100円台に戻すとその後は週末にイースター休暇を控えて小動きとなり、100.35円近辺にて越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)