マーケット市況情報

2009年04月07日 10時22分

週報(3/30〜4/3)2009年04月07日 10時22分

1140ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、前週末(3月27日)に株式市場が利益確定で軟調となったことを嫌気して1120ドル近辺に下落、その後はG20を控えて世界的な景気回復への期待感が強まり、実需回復への期待から週末にかけて上昇基調となり、1160ドル近辺で越週しました。

925ドル近辺でスタートした金相場は、各国の景気対策を好感して株式市場への悲観的な見方が後退する中で、これまでの投機筋の安全資産への逃避による買いが巻き戻される動きから終始上値の重い展開となりました。加えてIMFが金売却を検討しているとの報道も価格を下押しし、896ドル近辺で越週しました。

98.10円近辺でスタートした円相場は、週初米自動車会社の経営不安を背景にドル売りが出たことから、週初96.30円近辺に上昇しました。しかし、日銀短観の予想以上の悪化や週末にかけて堅調に推移した株式市場の動向を囃して再びドル買いが進む展開となり、週末には100円を抜け100.35円近辺にて越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)