マーケット市況情報

2009年03月03日 10時18分

週報(2/23〜2/27)2009年03月03日 10時18分

1080ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、週初に金相場が急落したことが嫌気され1040ドル台に急落すると、その後は米自動車業界の先行き不安や株安から週末にかけて頭の重い展開となりました。しかし下値もアジア圏での現物需要にサポートされて固く推移したことで、週末に売り持ち筋がポジションを閉じる動きを見せたことから、1075ドル近辺に値を戻しての越週となりました。

965ドル近辺でスタートした先週の金相場は、これまで上昇のけん引役であった欧米でのETFの買いが落ち着きを見せたことで、短期筋が買い持ちポジションを手仕舞ったことから軟調な推移となりました。加えて対主要通貨でドルが上昇したことも価格の下押し要因となり、週央に節目となっていた950ドルを割り込むとその後は損失確定の売りも巻き込んで下落、一時935ドルを付け940ドル近辺で越週しました。

93円台後半でスタートした円相場は、前々週の本邦GDP発表以降これまでの円高を巻き戻す動きが継続したことや、米国が金融機関の安定化に対して機動的な対応をとり続けていることもドルを選好させる流れを作り、対主要通貨でドルが上昇したことから、週央には一時98円台の半ばまで円安が進みました。しかし、週末発表された本邦雇用統計が市場予想に反して改善したことを切欠に円安基調が一服すると、97円台中盤での越週となりました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)