マーケット市況情報

2009年02月24日 10時00分

週報(2/16〜2/20)2009年02月24日 10時00分

1050ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、金相場の上昇と同様に安全資産への投機資金の流入とそれを囃した投機的な買いから、週央には一時1100ドルを付けました。しかし、週末にかけては下落を続ける株価や米自動車会社に対する経営不安を受け、需要後退への警戒感が強まったことから頭打ちとなり、1092ドル近辺にて越週しました。

940ドル近辺でスタートした先週の金相場は、株価が軟調に推移したことや各国の経済指標の弱さから安全資産への逃避買いが続き週を通して上昇基調となりました。また、引き続きETFへも欧米を中心に断続的に買いが入り、50トン近く残高も増加しました。週末には金相場は1000ドルを抜け一時1010ドル近辺まで上昇しましたが、その後は利益確定の売りも出て1000ドル近辺で越週しました。

91円台後半でスタートした先週の円相場は、本邦GDPの大幅な悪化から本邦経済への不安感が拡大したことや、政治面でも混乱が生じていることが円売りの動きを加速させ、一時94円台後半まで下落しました。本邦国内経済の悪化から、これまで逆相関となって見られていた株安・円高の構図は崩れました。その後週末には、週を通しての一方的な円安に対し利益確定の動きも出たことから93円台前半での越週となりました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)