マーケット市況情報

2008年06月24日 09時38分

週報(6/16〜6/20)2008年06月24日 09時38分

2,020ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、南アの冬を控えた電力供給不足懸念の再燃や、堅調に推移するパラジウムやロジウム相場を背景に上昇し18日には一時2,100ドル前後まで上昇しました。しかし2,100ドル近辺では投機筋の売りに下落基調に転換し2,065ドル近辺にて越週しました。

870ドル近辺でスタートした金相場は週初、原油相場が直近最高値近辺まで上昇したことを受けて投機筋の買いが入り890ドル近辺まで上昇しました。その後週央にかけては米企業の第2四半期決算の結果待ちで890ドルを挟んでもみ合う展開となったが、週末にかけて米決算での損失計上や金融保証会社の格下げなどからドル安が進むと再び上昇し903ドル近辺にて越週しました。

108円台前半でスタートした円相場は米金融機関の第2四半期決算を控えて様子見ムードとなり、108円台前半での小動きとなったが、週末にかけて低調な米経済指標の結果や米決算での損失計上から米経済の先行き不透明感が強まると、ドルが売られる展開となり107.30円に上昇して終了しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)