マーケット市況情報

2008年05月20日 17時47分

週報(5/12〜5/16)2008年05月20日 17時47分

先週のプラチナ相場は、米国で先物価格に連動する有価証券が上場されたことを好感した買いから、2110ドル近辺に上昇してスタートしました。同証券は現物の裏づけが無いことなどから、買い一巡後は利食い売りが優勢となり、週央には2000ドル近辺まで下落したものの、19日のJM社需給レポート発表を前に投機筋の思惑買いが入り反発すると、その後は週末にかけて原油高もあり上昇、2135ドル近辺にて越週しました。

880ドル近辺でスタートした先週の金相場は、週初底堅い内容となった米経済指標を背景にドルが上昇すると、手仕舞いの売りに860ドル近辺まで下落しました。その後原油価格の下落に上値の重い展開となり週中盤にかけては860〜870ドルのレンジ相場を形成。しかし週後半にかけて原油価格が反発し再び史上最高値を更新すると、ユーロに対するドル安の加速にも後押しされ900ドル台に上昇して越週しました。

103円近辺でスタートした円相場は、米利下げ局面が終焉へ向かっているとの期待感から、米ドルを買い戻す動きが強まり、週央にかけて円安基調となり105円近辺まで下落しました。しかし、米CPIが市場予想を下回ったことなどから、再びドル売りが強まると、週末にかけて円は上昇し、104.10円にて越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)