マーケット市況情報

2007年12月06日 21時02分

週報(11/26〜11/30)2007年12月06日 21時02分

1475ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は金相場や原油相場の軟調を嫌気した売りに押され下落基調となると、週央には一時1425ドル近辺まで下落しました。しかし、南アの安全問題を背景に買いが入ったことや押し目での実需筋の買いが入った事などから反発すると1440ドル近辺にて越週しました。

826ドル近辺でスタートした先週の金相場は、26日にドルが下落したことをきっかけに836ドル近辺まで上昇すると、高値で推移する原油価格も支援材料となり週前半にかけては概ね825ドル〜830ドルのレンジで堅調な相場推移を形成しました。しかしその後米株価が回復したことやドルがユーロに対して上昇したこと等をきっかけとした投機筋の手仕舞い売りに週央から週末にかけては下落基調に転換。30日には原油価格がおよそ1ヶ月振りとなる80ドル台に下落したことも材料となり、結果785ドル近辺にて越週しました。

108.50円近辺でスタートすると米国経済の減速懸念からドル売りに拍車がかかり、26日には年初来高値となる一時107.20円近辺まで上昇しました。しかし、27日に米大手銀行がアラブ首長国連邦のアブダビ投資庁の出資受け入れを発表すると米経済の先行き不安が後退、ドルの買戻しが入り円は119円近辺まで反落しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)