マーケット市況情報

2007年07月03日 08時46分

週報(6/25〜6/29)2007年07月03日 08時46分

1295ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は週の前半は金相場の軟調をうけての投機筋の売りに下落基調となり27日には一時1265ドル近辺まで下落しました。しかし、南アでの労働争議の行方が依然として不透明であることなどから、サポートされるとその後は週末にかけて値を戻し1275ドル近辺での越週となりました。

653ドル近辺でスタートした先週の金相場は、米長期金利の上昇受けてのドル高から、27日には640ドル近辺まで下落しました。しかし同価格レベルでは値頃感から実需の買いが旺盛となったことに加え、28日には原油価格が一時70ドルを越えるレベルまで上昇したことから反発し、結果650ドル近辺での越週となりました。


123.90ドル近辺でスタートした先週の円相場は前週までの急激な円安基調に対し警戒感が強まり、反発に転じると一時122.50円近辺まで上昇しました。 その後は、円キャリートレードの動きが再び強まったことなどから下落し123.20円近辺にて越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)