マーケット市況情報

2007年05月28日 18時15分

週報(5/21〜5/25)2007年05月28日 18時15分

1320ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、新規ETFの設定に関する買いが一段落したことに加え、金相場や原油相場の下落を嫌気したことから手仕舞い売りが出て1280ドル近辺まで下落しました。その後は押し目買いから一時1300ドルを回復しましたが、週末には再度手仕舞い売りから下落し、1270ドル台で越週しました。

660ドル近辺でスタートした金相場は週半ばにかけて小動きの展開となりました。その後、24日の米4月新築住宅販売件数が市場予想を上回りドル高となったことや、欧米市場の連休を翌週に控えての手仕舞い売りなどに押され650ドル前半まで下落しました。しかし、週末にかけては実需筋の買いに支えられる形でやや値を戻し655ドル近辺にて越週しました。

121円近辺でスタートした先週の円相場は、米景気に対する悲観的な見方が後退する中、週央にかけて122円近辺まで円安基調が進みました。25日にはアジア株の下落を背景とした円キャリートレードの手仕舞いから一時120円台まで円が買われましたが、その後は北朝鮮のミサイル発射問題から円は反落し、121円台後半で越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)