マーケット市況情報

2007年04月17日 15時26分

週報(4/9〜4/13)2007年04月17日 15時26分

1260ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、堅調な金相場を背景に週後半にかけて1270ドル中盤まで上昇しました。週末にチューリッヒ州立銀行が銀、プラチナ、パラジウムのETFを5月に開始すると報じられると、投機筋の買い意欲が強まり1280ドル近辺にて越週しました。

670ドル台前半でのスタートとなった金相場は、堅調な非鉄相場やドル安ユーロ高の地合が好感され670ドル台後半へ上昇しました。その後、680ドルを前にした利食い売りに上値を抑えられる展開となったが、週末には原油相場、非鉄相場が上昇に転じ、併せてユーロも対ドルで上昇したことから、投機筋の買いが強まり685ドルまで迄上昇して越週しました。

先週の円相場は119.30円近辺で始まると、週末にかけて119円前半でもみ合いを続けたが、週末にG7財務相・中央銀行総裁会議を控えてポジション調整の動きが強まり、円の買い戻しが入り118.40円近辺まで上昇しました。その後、G7で通貨に関する文言に変化なしとの報が伝わると、円の売り圧力が再び強まり119.30円に下落して終了しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)