マーケット市況情報

2007年04月05日 20時13分

2007年3月の貴金属市況2007年04月05日 20時13分

価格ベース
金 US$:London Fixing   円建:税抜参考小売価格
プラチナ US$:N.Y.F.M    円建:  〃

金(Gold)
■海外金相場
 3月の金相場は前月末から続く投資資金がリスク資産から逃避する流れを引き継いだまま673.60ドルでスタートした後、5日には月間最安値となる636.75ドルまで急落しました。その後、世界各国の株価が落ち着きを取り戻し、リスク資産への投資に対する懸念が後退したことから、貴金属・原油等の商品市場にも資金が戻り、650ドル台後半まで上昇しました。しかし、9日には発表された2月の米雇用統計で非農業部門就業者数が事前予想並みの伸びだった一方で、失業率が予想外に低下したことを好感されドルが買われたことから、650ドル近辺まで下落しました。さらに14日には米国でサブプライムローン(信用力の低い個人向け高金利住宅ローン)の返済滞納が増加している問題を背景に米景気の「軟着陸」期待が後退したことから、リスク資産への投資に対する懸念が再燃し米株価が急落、貴金属・原油等の商品市場にも波及したことから再度630ドル台後半まで下落しました。しかし、このレベルでは押し目買いから反発し、20日には660ドルを回復、21日には米連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表された連邦準備制度理事会(FRB)の声明文がこれまでのインフレ警戒から景気にも配慮を示す中立的な内容に変わったことから利下げ観測が高まりドルが売られ、660ドル台後半まで上昇しました。その後、月末にかけて手仕舞い売りから一時655ドル近辺まで売られましたが、緊迫するイラン情勢や一時68ドル台まで上昇した原油価格に下支えされ、概ね堅調地合を保ったまま660ドル台中盤で越月しました。

■為替相場
 ドル円為替相場は、円キャリートレードに伴う円売りポジション解消の流れを引き継いで118円台中盤でスタートした後、6日にかけて115円台前半まで円高が進みました。その後、世界各国の株式が落ち着きを取り戻したことから13日にかけて118円台を回復しましたが、翌14日には米国でのサブプライムローン問題を発端とした米景気先行き不安から再度リスク回避の動きとなり、一時的に116円台までドルが売られました。その後は28日にかけて118円台まで円安が進みましたが、期末を控えた本邦輸出筋のドル売り・円買いや予想を下回った複数の米経済指標から一時的に116円台までドルが売られました。月末には米昨年第4四半期GDPが上方修正されたことからすぐにドルは買い戻され、117円台後半にて越月しました。

■国内金相場
 国内円建て金相場は、月間最高値となった2,607円でスタートした後、115円台まで円高が進行し、さらにドル建て相場が最安値をつけた6日に月間最安値となる2,423円を付けるまで下落しました。その後は、ドル建て価格が月末にかけて右肩上がりの上昇となったことに加え、ドル円為替相場がわずか2円の幅に収まったことから、円建て相場は総じて上昇基調となり、月末30日には2,539円まで回復して越月しました。

プラチナ(Platinum)
■海外プラチナ相場
 3月のプラチナ相場は1,243ドルでスタートした後、2月末のリスク資産から投資資金が逃避する流れを引き継いで、5日には月間最安値となる1,165ドルまで下落しました。しかしその後は、世界連鎖株安に歯止めがかかったことから株式や商品等のリスク資産に対する投資意欲が回復し、プラチナ相場も上昇基調に転じました。その後、スポンジ状(粉状)プラチナの品薄感からリース・レートが上昇したことを背景に12日には一時1,220ドル台まで上昇。さらに比較的堅調に推移する世界の株価への安心感や金・原油相場の上昇を好感した買いから月末にかけて概ね上昇基調を維持し、30日には1,244ドルまで回復して越月しました。

■国内プラチナ相場
 国内円建て相場は、月間最高値となった4,809円でスタートした後、ドル建て相場が月間最安値を付けた5日の翌日で、ドル円為替相場が115円台前半を付けた6日には月間最安値となる4,476円まで下落しました。その後はドル建て相場の上昇に比例する形で月末にかけて上昇し、30日には4,771円まで戻して越月しました。ドル円為替相場が中旬以降は狭い範囲内での動きに終始したため、円建て相場もドル建て相場の影響を強く受ける結果となりました。
                               以上
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)