マーケット市況情報

2006年12月11日 18時47分

週報(12/4〜12/8)2006年12月11日 18時47分

645ドル近辺でスタートした先週の金相場は週前半に650ドルへ挑戦するも買いが続かず頭打ちとなると、週央以降は投機筋の手仕舞い売りが加速し週末には625ドル近辺まで下落して越週しました。

1170ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、週後半にかけてファンド筋や個人投資家の手仕舞い売りから下落基調となり、7日には一時1100ドルの大台を割り込むまで下落しました。しかし、このレベルでは押し目買いから下値を支えられ、1110ドル近辺まで反発して越週しました。

115円台中盤でスタートした先週の円相場は米景気減速懸念に加え、日銀の早期利上げが意識されたことからドル売・円買の流れから週央には114円台中盤まで円高が進みました。週末に発表された米11月の雇用統計は予想を上回ったものの影響は限定的でありましたが、その後「日銀が年内の追加利上げを見送る」との報から円が急落し、116円台中盤で越週しました。

  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)