マーケット市況情報

2022年02月08日 15時00分

週報(1/31~2/4)2022年02月08日 15時00分

1030ドル近辺を回復すると、FRB地区連銀総裁の発言から過度な利上げへの警戒感和らいだことを受け一時1050ドル近辺まで上昇した。その後、利食い売りから反落するも、中国市場が旧正月に入っていることや、週末発表される米雇用統計の結果を見定めたいとの思惑の広がりから1040ドルをはさんで推移する展開となった。その後同指標では市場予想を大きく上回る結果となった為にドル高の流れが強まり1010ドル台前半まで急落するも、引けにかけて買い戻され1030ドル近辺にて越週した。

1,790ドル近辺でスタートした先週の金相場は、月末のポジション調整による買い戻しや、市場予想を上回った独経済指標の結果を背景とした対ユーロのドル安から1800ドルを回復した。また、米地区連銀総裁の今後の利上げへの方向性に関する発言を背景に一時1810ドル近辺まで続伸した。しかし、米国で発表された経済指標が市場予想を上回ったことを受けて1800ドルを割り込むと、週後半には英中央銀行の政策金利引き上げを背景とした米国での過度な利上げ警戒感の再燃により一時1780ドル台後半まで値を下げた。その後1800ドルを回復すると、週末に発表された米雇用統計では市場予想を大きく上回る結果がサプライズとなり再び1790ドル近辺まで急落したがその後反発し1810ドル近辺にて越週した。

22.50ドル近辺でスタートした先週の銀相場は、週前半に米地区連銀総裁の発言を材料とした金相場の上昇につられ一時23.00ドル近辺まで上昇するも、中華圏が旧正月にあることからも概ね目立った動きはなく終始22.50ドルをはさんで推移する展開になった。米雇用統計が発表されると予想を大きく上回る良好な結果となったことを背景とした金相場の下落につられ一時22.10ドル近辺まで急落するも、引けにかけては買い戻され22.50ドル近辺にて越週した。

115.40円近辺でスタートした先週の為替相場は週初、独経済指標が市場予想を上回る内容だったことで欧州中央銀行の利上げへの警戒感の高まりを背景に対ユーロでのドル安となり対円でも115.00円近辺まで下落した。その後も米FRB地区連銀総裁が将来的な利上げに対して過度な姿勢をけん制する発言を受けて114.60円近辺まで下落した。その後、英中央銀行が金融政策を引き上げたことや今後の年内利上げに対しても否定的な発言をしなかったことで、114.20円近辺まで下落した。週末にかけては米雇用統計の結果を見定めたいとの思惑から115.00円を回復すると、同指標発表後は市場予想を大きく上回る結果がサプライズとなりドルが買い進まれ115.20円台中盤で越週した。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    9:00~17:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)

ご注意ください!田中貴金属の社名を利用した投資などの勧誘にご注意ください。