マーケット市況情報

2006年09月12日 11時10分

週報(9/4〜9/8)2006年09月12日 11時10分

627ドル近辺で始まった先週の金相場は、夏休みシーズンを終えて実需筋や投機筋が本格的に市場に戻って来たことや、10月のインドの婚礼シーズンを控えての買いが優勢となり、6日には一時640ドル台を超える展開となりました。しかしながらその後は原油価格の下落や、投機筋の利食い売りが出て反落し、620ドルを割り込んだことで逆に下値を試す展開となり、611ドル近辺まで下落して週越となりました。

1250ドル近辺で始まった先週のプラチナ相場は、独自材料には欠けるものの堅調な金価格の地合になびいて上昇し、6日には1270ドル台まで上昇しました。しかしながらその後、原油安や金相場の急落を受けて軟調に転じ、投機筋の手仕舞い売りも出たことから、週末には1230ドルを割り込み、1225ドルまで反落して越週となりました。

117円近辺で始まった先週の為替相場は、6日にドイツ財務次官がシンガポールで開かれる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で円安を議論するとの見方を示したことで、一時的に116円台前半まで買い進まれる場面もありましたが、全体としてやや新しい材料に事欠いたこともあり、116-117円の狭いレンジで終始し、116円後半で越週しました。


  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)