マーケット市況情報

2012年08月28日 10時00分

週報(8/20〜8/24)2012年08月28日 10時00分


1480ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は前週、南アフリカで発生した労働者と警官隊の衝突を背景とした供給不安に加え、欧州債務問題解決への期待感、米追加緩和見通しの高まり、前週来の上昇を背景とした投機筋の売り持ちポジション解消の動きから週を通して堅調に推移し、1550ドル近辺で越週しました。

1610ドル台後半でスタートした先週の金相場は、欧州中央銀行(ECB)が重債務国の国債買い入れに乗り出すと報じられたことや発表された今月初開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で多くの委員が早期金融緩和を支持していた事を好感して週後半にかけて1670ドル近辺まで上昇し、そのままの水準で越週しました。

79.50円近辺でスタートした先週の円相場は、欧州債務問題解決に向けた欧州中央銀行(ECB)への政策期待からユーロがドルに対して上昇し、円もドルに対して週半ばにかけてやや堅調に推移しました。その後週央に発表された前回の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で多くの委員が早期の金融緩和に言及していた事を背景にドルが売られる展開となり、78.50円近辺まで円高が進行し、そのままの水準で越週しました。



  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)