マーケット市況情報

2012年08月21日 15時00分

週報(8/13〜8/17)2012年08月21日 15時00分


1400ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、週央にかけて1400ドルを挟んだ小動きに終始するも、週後半には南ア・ロンミン社の鉱山で発生したストライキをめぐって労働者と警察の衝突で30人以上の死者が出て、事態の深刻化による供給不安への懸念から急騰し、1470ドル台前半で越週しました。

1620ドル近辺でスタートした先週の金相場は、夏季休暇中の市場参加者が多く薄商いの中、週前半に発表された米経済指標が予想を上回り追加金融緩和への期待が後退したこと等から週央にかけて1590ドル台前半まで下落しました。その後週末にかけて発表された米経済指標が軒並み予想を下回ったことによる追加金融緩和期待の再燃や独メルケル首相がユーロ圏債務危機解決へ向け迅速な行動が必要との認識を示しユーロが急騰したことを背景に1610ドル台後半まで上昇して越週しました。

78.25円近辺でスタートした先週の円相場は、輸出企業の多くが夏期休暇を取得し、円買い需要が減少したことや日本を巡る領土問題を嫌気した円売りから、週を通して概ね円安基調で推移しました。さらに週後半には予想を上回る米経済指標や独メルケル首相発言で欧州債務問題解決への期待感からも円は売られ、79.6円近辺で越週しました。


  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)