マーケット市況情報

2012年07月18日 10時00分

週報(7/9〜7/13)2012年07月18日 10時00分


1445ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、週央に発表された6月開催分米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で追加金融緩和への期待が後退したことから12日にかけて1410ドル台前半まで下落しました。しかしその後は欧米株式や金、原油相場の上昇を好感したリスク許容度の高まりから1435ドル近辺まで反発して越週しました。

1580ドル近辺でスタートした先週の金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)高官による追加金融緩和への積極姿勢が報じられたことから10日には一時1600ドルを突破しました。しかしその後、米FRBが公表した6月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨から追加金融緩和への期待が後退し、12日にかけて1550ドル台後半まで売られたが、週末にはドル安や欧米株、原油の上昇を好感した買いから1590ドル近辺まで上昇して越週しました。

79.5円近辺でスタートした先週の円相場は、週央にかけて円高傾向に推移し11日には一時79.2円近辺まで円高が進みました。その後は日銀金融政策決定会合の結果発表を控えたポジション調整から一時79.7円近辺まで円が売られるも、12日に金融政策の現状維持が発表されると79.2円台まで円は買い戻され、そのままの水準で越週しました。




  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)