マーケット市況情報

2008年06月17日 12時10分

週報(6/9〜6/13)2008年06月17日 12時10分

2,070ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、週央にかけてドル高や金・原油の下落を材料に軟調な推移となり11日には1,985ドル近辺まで下落しました。その後しばらくは2,000ドルを挟んでのレンジ相場となりましたが、南ア電力問題に伴う供給不足懸念を背景に下値を支えられ2,040ドルに反発して越週しました。

905ドル近辺でスタートした金相場は、米FRB議長のインフレ警戒発言を受けて金利先高感からドル高となったことから、売られ870ドル近辺に下落しました。その後押し目買いから880ドル近辺に値を戻しましたが、米経済指標の好結果を受けたドル高により860ドル近辺まで再び下落。その後は主要8カ国財務相会合 (G8)を控えて様子見となり860-870ドルのレンジを形成し越週しました。

105円近辺でスタートした先週の円相場は、米FRB議長や米高官のドル安を警戒する発言をきっかけに10日には107円台に下落しました。その後一時106円台半ばまで反発したものの、米小売売上高が予測を上回るとドルが買われる展開となり13日には108円台に下落。また週末に発表された米消費者物価指数が予測通りであったことや原油価格の下落からインフレ懸念がやや後退し米株価が大幅に反発すると、G8財務相会合でドル安是正について議論されるとの思惑もドル買いの支援材料となり108.20円に下落して越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)