マーケット市況情報

2007年09月04日 10時11分

週報(8/27〜8/31)2007年09月04日 10時11分

1250ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、週の前半は月末を控えての投機筋の手仕舞い売りなどに上値の重い展開になるも、週央から週末にかけては米株式の上昇を好感した投機筋の買いが入り上昇し、1270ドル近辺での越週となりました。

668ドル近辺でスタートした先週の金相場は、29日に一時661ドル近辺まで下落したものの、週初から中盤にかけては665ドルを挟んでの狭いレンジでの値動きに終始した。その後ブッシュ米大統領が31日にサブプライムローン問題の沈静化を目指して総合的な対策を発表する見通しとの報道に株価が上昇すると、つれて金相場は674ドル近辺まで上昇して越週しました。

116.20円近辺でスタートした円相場は週央にかけては米株式の下落を受けて円買いが強まり一時114円近辺まで上昇したが、株式市場が反発に転じると反落した。週末にかけては、ブッシュ大統領がサブプライムローン対策を発表する見通しとの報が流れ、株式市場が上昇。これを受けてドル買いが強まり115.80円近辺で越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)