マーケット市況情報

2007年01月30日 10時11分

週報( 1/22〜26)2007年01月30日 10時11分

635ドル近辺でスタートした金相場は、原油価格が反発に転じた事を好感した投機筋の買いを受けて、上昇基調となりました。その後23日には上値となっていた645ドルを超え越週しました。

1160ドル台前半でスタートした先週のプラチナ相場は、堅調な金相場、ひとまずの底値を確認した原油相場を好感して24日には1180ドル台まで上昇しました。その後東工取での利益確定売りから一時1160ドル台中盤まで下落するも過度に売られる理由もなく、下値は拾われ1170ドル台中盤で越週しました。

121円台前半でスタートした先週の円相場は、先々週までの勢いを引き継いで週半ばにかけて121円台後半まで円安が進みました。しかし、24日には豪消費者物価指数が予想を下回ったことから豪ドルが売られ、その後米ドルにも波及したことから120円台後半まで、さらに25日には来月のG7で円安が議題になるとの憶測から120円台前半まで円が買い戻されました。しかし、その後発表の本邦12月消費者物価指数が予想を下回ったことから2月の利上げ観測が後退し、121円台中盤まで円が売られて越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)