魅力3 安定した価値

金は、債券・株式等の信用リスクを軽減します。

様々な資産運用法の特性を把握し、効果的に組み合わせて運用する「ポートフォリオ」に金を組み入れてみませんか。預貯金は、いつでも引き出せるメリットがありますが、インフレによって価値が目減りするなど、現代の金融事情を考えると、資産保全の手段としては絶対安全とは言い切れません。債券・株式などは収益性が期待できる一方で、発行体の信用が著しく低下した場合、ただの紙切れになってしまうリスクをあわせ持っています。

そこで、実物資産である金です。預貯金や債券・株式などのペーパーアセット(紙の資産)の信用リスクを低減。実物資産なので、資産を守る保険財に適した商品です。一般的には、全資産の5%〜10%を金で所有するのが理想的なバランスと考えられています。

金は、予算に応じて少しずつ購入できます。

長期にわたって安定した価値を保全できる金は、将来に備えての資産形成に適しています。田中貴金属では、地金なら、5gから1kgまで様々な種類をご用意しております。金貨なら、1/10オンス(約3g)=18,000円台(※)で購入できる商品もございます。また、純金積立なら、月々3,000円からお気軽にご利用いただけ、さらに、ドル・コスト平均法によって安定した価格で積立てていただけます。
※金の税込小売価格を1gあたり5,000円として計算

地金、コインから積立、オンライントレードまで様々な方法がありますよ。

予算に応じて少しずつ分散して購入することは、短期的な価格変動のリスク回避につながります。着実な資産形成のために、永遠の輝きを持つ金をぜひお役立てください。

金・プラチナの魅力