マーケット市況情報

2011年11月22日 10時15分

週報(11/14〜11/18)2011年11月22日 10時15分


1660ドル近辺でスタートしたプラチナ相場は、スペインにも拡大した欧州債務問題の悪化を嫌気したリスク回避やユーロに対するドル高から下落基調となり、1600ドル近辺で越週しました。

1790ドル近辺でスタートした金相場は、イタリアやスペインだけでなくフランス国債の利回りまで上昇しはじめた事から、欧州債務問題の深刻化を懸念したリスク回避の売りやユーロ安ドル高から週を通しての下落基調となり、17日には1720ドル近辺まで急落しました。週末には債務危機国の国債利回り上昇が一服したことや、欧州中央銀行(ECB)と国際通貨基金(IMF)が協力して債務危機国を支援するとの観測が支援材料となり、やや買い戻され越週しました。

77円台前半でスタートした先週の円相場は、イタリアやスペイン国債の利回りが上昇する中で欧州債務問題の先行きを懸念した投資家のリスク回避の円買いからジリジリと円高が進み、週末には一時76円台半ばまで円高が進み、77円近辺で越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)