マーケット市況情報

2009年05月12日 10時01分

週報(5/4〜5/8)2009年05月12日 10時01分

1095ドル近辺でスタートした先週のプラチナ相場は、週初本邦が長期連休となる中でNY株式市場が200ドル近い上げを見せたことを切欠に上昇基調となり、1100ドルを回復すると週央にかけても金相場の上昇を囃した動きやファンド筋の買いも巻き込んで一時1170ドル近辺に上昇する展開となりました。しかし、この水準では中国圏からの需要が翳り、買いが一巡した後は週末にかけて利食い売られる展開となり1147ドル近辺で越週しました。

890ドル近辺でスタートした先週の金相場は、週前半にかけて日本や英国の休日で様子見ムードが広がったものの、ドル安や原油価格の上昇を材料に堅調に推移し900ドルを突破すると、米大手金融機関の健全性を審査する資産査定結果の発表を前に安全資産としての買いが強まり一時925ドル近辺まで値を伸ばしました。しかし、発表された資産査定結果は市場予測と大きく乖離せず、また米雇用統計は予想よりも好結果となったことから米景気の先行き不透明感が後退すると、金は上値を抑えられる展開となり918ドル近辺で越週しました。

99.20円近辺でスタートした円相場は、週初は本邦が連休中ということもあり、99円を挟んでもみあう動きとなりましたが、週央に発表された米大手金融機関の資産査定結果において米大手銀行の一部に増資の必要があるとの報道を受けてドルが売られる展開となったことから、98円台前半へ上昇する展開となりました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)