マーケット市況情報

2007年06月19日 18時55分

週報(6/11〜6/15)2007年06月19日 18時55分

先週のプラチナ相場は、前週末の下落に対する押し目買いに1295ドル近辺まで反発して始ましたが、1300ドルの節目を抜けることができなかった失望感や金相場の下落を嫌気した投機筋の売りに下落に転じると、13日には一時1270ドル近辺まで下落しました。その後、押し目買いに反発し1280ドル台前半まで値を戻すと週末にかけては小動きとなり1284ドルにて越週しました。

前週末の下落を受けた押し目買いに650ドル近辺に上昇してスタートし、週前半は原油高を支援材料に一時655ドル近辺まで上昇する場面が見受けられました。しかしその後発表された卸売物価指数が市場予測を上回ったことをきっかけに米ドルが上昇に転じると、上値は抑えられ週末にかけてはおおむね650ドル〜655ドルのレンジでの推移となりました。

121.50円近辺でスタートした円相場は週央にかけては小動きの展開となりましたが、13日に米株価の堅調を切欠にドル買いが優勢ととなると、週末にかけては円キャリー取引が再燃するとの思惑から123.50円近辺にて越週しました。
  • 「地金・コイン・RE:TANAKA」の
    店舗での取引に関するお問い合わせ

    0120-76-4143
    10:30〜18:00(土日・祝日も受付)
  • 「積立商品」に関するお問い合わせ
    0120-43-5610
    9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)